【行政書士の集客方法】ポータルサイトへの登録

[記事公開日]2017/01/05
Pocket

「さあ、ホームページを作ったし、あとは問い合わせがくるのが楽しみだな!」と期待をして、まったく問い合わせがこなくて、ガッカリした経験がある行政書士の先生もいらっしゃると思います。

ホームページは開設してからの地道な作業が非常に重要なのです。

ホームページからの問い合わせを増やすには、まずホームページを見に来る人を増やさなければいけません。

ホームページを見に来る人を増やすには広告を使うという手もありますが、お金をかけずに自分でできることも沢山あるのです。

今回はその一つである行政書士のポータルサイトへの登録をご紹介します。

 

ポータルサイトの選び方

ページランク(PageRank)

ページランク(Pagerank)とは、「リンクがより多く集まっているWEBページはより重要である」という考え方に基きGoogleが開発した一つの指標です。

たくさんのサイトからリンクされているサイトは価値が高いとして、価値の高いサイトからリンクされることも同じく価値が高いと評価されます。

このページランクは2014年から更新されなくなったので、現時点のGoogleの評価と2014年時点の評価とは違っていますが参考までに、どういったポータルサイトかの指標の一つにはなります。

PageRank3以上のポータルサイトがあれば登録を検討されることをおすすめします。

ページランクはこちらのサイトから見ることができます。http://pagerank.bookstudio.com/

 

頻繁に更新されているか?

更新がされないサイトにはあまり人が集まらない傾向にあります。

せっかく登録してもそのサイトにも誰もこないのであれば、登録した意味がなくなってしまいます。

登録者数や登録者の増加スピード等も参考にして、にぎわっているサイトに登録することをおすすめします。

 

怪しいサイトではないか?

以前はサイトへのリンク数が多いほど検索結果で上位表示されるという時代がありました。

その頃、リンクを貼る事だけを目的としたディレクトリサイトというものがありました。

低品質なサイトから有料でリンクを貼るような行為が目立ち、Googleがそういったディレクトリサイトに警告を発したのです。

Googleからペナルティを受けたサイトからリンクされた場合は、そのサイトもマイナスの評価を受けてしまいます。

ですからどんなサイトでもとりあえず登録しておこうという考えは非常に危険です。

安全で集客効果のありそうなサイトを選んで登録しましょう。

 

こんなポータルサイトがおすすめ

まほろば PageRank 3

相互リンク無しでも無料登録が出来る士業ポータルサイトです(有料プランもあり)。

無料であってもプロフィールページがきれいである事や、複数のサイトが登録でき、地図も自動で表示されるといった具合に非常に完成度の高いサイトです。

サイト運営会社が登録内容を確認してから正式に登録されます。

 

士業検索ポータルサイト サムライウェブ PageRank 3

相互リンクが条件ですが無料登録ができます。

まずは希望するIDやパスワードを登録した後にメールでログイン画面へのリンクが書かれたメールが届きます。

ログイン後にサムライウェブへのリンクを貼ったページを記入して送信します。

リンクの確認(自動)が出来たら自分のページの編集画面に入れるようになります。

 

行政書士SEO PageRank 3

相互リンクが条件ですが無料登録ができます。

新規登録フォームより必要事項を記入し、送信します。

相互リンクが貼られていることを確認出来た時点でリンクが貼られます。

リンク貼り付け作業が完了後、完了の旨のメールが届きます。

 

おねがい行政書士 PageRank 3

上記の「行政書士SEO」の姉妹サイトです。

登録方法などはほとんど同じですので、行政書士SEOの登録方法をご参照下さい。

 

士業リンク PageRank 3

こちらも相互リンクが条件ですが無料で登録ができます。

新規登録フォームより必要事項を記入し、送信します。

相互リンクが貼られていることを確認出来た時点でリンクが貼られます。

 

行政書士どっとこむ PageRank 2

相互リンクが条件ですが無料登録コースがあります。

登録するページが少し判り難いのですが、右サイドバーの「行政書士データベースへの登録はこちら」と書かれた白いバナーから登録します。

 

行政書士事務所検索 PageRank 1

相互リンクをしなくても無料登録が可能です。

相互リンクをした場合は、営業エリアや業務検索キーワードが登録出来ます。

相互リンクの確認はロボットではなく、管理人の方ご自身でされる方式です。

PageRankは1ですが、サブドメインで税理士などの他士業のポータルサイトがあり、そちらのサイトはPageRank2のものもあります。

 

まとめ

まとめいかがでしたでしょうか。

こういったご自身で出来るところからコツコツ始めることは、サイトを育てる上でとても大事なことなのです。

相互リンクを貼る場合、リンク用のページを作成して、そのページから各サイトへのリンクを貼るのがよいでしょう。

(相互リンクが条件のサイトは、登録後にポータルサイトへのリンクを削除してしまうと、ポータルサイトのページも削除される場合がありますので、そういったことはやめましょう。)

登録するのは面倒な作業ですが、一度登録すれば完了ですので、是非頑張って登録してみて下さい。