士業って、ホームページでどんどん集客ができるの?

[記事公開日]2017/03/02
[最終更新日]2017/03/05
Pocket

士業のホームページ成約数

「ホームページを作ったけど、ぜんぜん反応がないから、作らなければよかった・・・」と思われたことはないでしょうか。

ホームページの制作費用は5万円程度から50万円以上するものまであります。

士業がホームページを作った場合の費用対効果はどうなのでしょうか。

 

全く反応がないホームページ

もし3年間1件も成約が取れないホームページであれば、ホームページ自体を改善する必要があると思います。

どんなに反応が無くても、私が知る限り、3年の間に1件くらいは成約しています。

逆に言うと、3年で1件くらい成約していれば全く反応が無いとは言えないと思います。

 

過剰な期待をしすぎない

今の時代はホームページを持っていることが当たり前になっています。

ですからホームページを開設したからといって、バンバン集客が出来るということは、ほとんどありません。

例えば、税理士であれば、1年に8件程度顧問契約が取れれば良い方だと思います。

行政書士であれば、単発の仕事が月に2~3件入れば、かなり良いホームページをだと思います。

 

それでも費用対効果は高い

高い費用対効果「年8件なんて、たいしたことないな」と思われるかもしれません。

しかし、考えてみて下さい。

ホームページは制作費が30万円、月額保守費用が3千円だったとして、初年度にかかるお金は336,000円、2年目以降は36,000円だけです。

士業の場合は「知識」に対して料金をもらいますので、例え3ヶ月に1件の成約でも、初年度から元は取れるというケースがほとんどではないでしょうか。

さらに長く運営すればするほど費用対効果は高くなっていきます。

 

何をすればいいの?

それでは、3ヶ月に1件でも成約ができるようなホームページにするには、何をすればいいのでしょうか。

一番重要なのは、「検索エンジン対策」です。

検索結果の上位に表示されるように対策することで、あなたのホームページに来る人を増やし、成約数をあげることになるのです。

 

専門記事を書く

専門分野の記事を書くホームページのSEO対策は、専門の会社が存在するくらい奥が深いものです。

但し、士業のサイトではプロに頼まなくても自分で出来るSEO対策があります。

それが「専門記事を書く」ことです。

専門記事といっても、専門用語を羅列するような記事ではなく、読んでいる人に判りやすく説明するような記事です。

士業はまさに「専門知識」が商売道具ですので、商売道具を使ってあなたのホームページが集客できるホームページにすることができるのです。

記事の書き方に関しましては『集客できる記事の書き方のポイント』で詳しくご説明していますので、是非ご参照下さい。

 

まとめ

まとめいかがでしたでしょうか。

士業のホームページは集客する数も、SEO対策も地味なんです(笑)

私も行政書士として、地味にSEO対策をして、サイトから集客をしています。

地味ではありますが、ホームページは何よりも費用対効果が高い最高のツールであると感じます。

もし、あなたのサイトから全く集客が出来ていない場合、是非とも少しづつでも改善して、集客ツールとなるようにホームページを育ててみて下さい。